トップページ > 新着情報

新着情報

佐賀大グループにおける治療研究について

佐賀大の松尾宗明准教授(小児神経学)らの研究グループは2014/9/29、シクロデキストリンというオリゴ糖を脳室(脳内の空間)に投与してニーマンピック病C型の進行を止める治療効果を確認したと発表しました。治療成果が9/20付で米国の遺伝性代謝疾患学会誌 Molecular Genetics and Metabolism Reports の電子版に掲載されました。

戻る
このページのトップへ戻る